時代に対応する

近年「セルフサービス」という概念が日本人にもかなり定着しつつあります。特に顕著なのがガソリンスタンド。数年前まではガソリンは入れてもらい、その 他窓ガラスを拭いてもらい、ゴミも捨ててもらうという、いわゆる“フルサービス”が当たり前でした。ところが、ここ数年で1円でも安くという消費者のニー ズが高まり、急激にセルフスタンドの数も増えてきました。DVDやCDのレンタルも今や「ネットでレンタル」というサービスを実施しているお店が増えてい ますし、スーパーのセルフレジや、飲食店のフリードリンクなどもそうです。驚いたのは「セルフビルド」という、サポートしてもらいながら家を自分でつくる というビジネスまで存在しています。これでは店員と顧客のコミュニケーションの場がほとんどなく、価格やサービス(プレゼントなど)の競争になってしまう のは避けられない現象だと思います。あらゆる場面でオートメーション化され便利な世の中になる一方、企業やお店は生き残りを懸けて厳しい時代となっていま す。全てが機械や、人間を介さない仕組みというのは寂しいとものですが、時代の流れに合わせて私たちも「変化」や「対応」を常に意識をしていなければいけ ないと感じます。いを一番理解していることが、お客様にも必ず伝わるはずです。

次の記事

健康診断